名水百選の尾白川渓谷に旅行探検しに行ってきた!

旅行探検部 ~おすすめスポットを観光旅行しながら探検も楽しんでます~

原付バイクや自動車で観光名所やおすすめスポット・穴場などを訪れ旅行しながら探検もしています!

*

名水百選の尾白川渓谷に旅行探検しに行ってきた!

名水百選の一つ尾白川渓谷に旅行探検しに行ってきた!

◆ 旅行探検日:2016年9月22日(木)雨

山梨県北杜市にある尾白川渓谷へ透き通った水の沢や滝で水遊びをするためにたろきちとてっちゃんとドアラで旅行探検しに行ってきました。
この尾白川渓谷は名水百選の一つでトレッキングコースは渓谷道と尾根道のコースがあり、行きは水遊びを求めて渓谷道で帰りは尾根道で旅行探検をしてきました。天気はまたしても雨でしたがトレッキングコースということで少し軽い気持ちで傘を差しながら進みましたが、途中から険しい道が多くなってきたためレインウェアに着替えて進みました。※滑落したらヤバそうな箇所がいくつもありました(汗)

竹宇駒ヶ岳神社

尾白川渓谷・竹宇駒ヶ岳神社

竹宇駒ヶ岳神社に到着

尾白川渓谷・竹宇駒ヶ岳神社

竹宇駒ヶ岳神社

吊り橋

尾白川渓谷・吊り橋

吊り橋に向かいます。

尾白川渓谷・吊り橋

吊り橋

竹宇駒ヶ岳神社にて参拝後に尾白川に架かる吊り橋を渡ると登山道のように険しいの道となります。渓谷道では所々に橋もあり進んでいきます。

尾白川渓谷の渓谷道と尾根道の分岐点

渓谷道と尾根道の分岐点

千ヶ淵

尾白川渓谷で水遊び

尾白川で水遊び

竹宇駒ヶ岳神社を出発し約1時間で千ヶ淵に到着しました。
滝壺あたりは数日前に通過した台風の影響で水量が多かったため近づけず、千ヶ淵の先の比較的流れが緩やかなところでビーチサンダルに履き替えて水に入って遊びました。この尾白川渓谷に来る前までは泳ぐつもりでしたがあまりにも水が冷たすぎて1~2分しか水に入いっていられませんでした(涙)

三ノ滝

尾白川渓谷・三ノ滝

三ノ滝

三ノ滝の右側には大きな岩がありその中央付近にはスズメバチの巣がありました。
三ノ滝とスズメバチの巣がある岩をバックに写真を撮影した時にハプニングが発生。なんと足を滑らせて両手を着いたときにiPhoneを岩にできた水たまりに落としてしまいました。
落としてすぐに拾ったので水没を免れ、その後も使えていますが、防水機能があるiPhone7に買い替えたいと思った瞬間でした。

旭滝

尾白川渓谷・旭滝

旭滝

尾白川渓谷・旭滝

プライベートビーチ

尾白川渓谷に来て一番良かったスポットです。旭岳の近くに小さな白い砂浜がありました。我々が来たときは砂浜に足跡がついひとつもないプライベートビーチでした。天候が雨でなければビーチサンダルで水遊びをしたかったです。
※この時点で結構濡れていました。

百合ヶ淵・神蛇滝

百合ヶ淵へ進む渓谷道は難所が何か所かありました。この日は雨が降っていたので注意しながら進むことになりました。
尾白川渓谷・不動滝まで70分

ようやく1/4まで来ました。

尾白川渓谷の渓谷道

注意・橋の欄干が落ちていました!

尾白川渓谷の渓谷道

注意・滑落事故

尾白川渓谷の渓谷道

渓谷道は傾斜がキツイです。

尾白川渓谷の百合ヶ淵に到着!

百合ヶ淵に到着!

百合ヶ淵・神蛇滝には近づけず展望できるところからしか見られませんでした。

不動大橋

尾白川渓谷・不動大橋

不動大橋

不動滝

不動滝の滝壺に到着

不動滝は水量が多く迫力ありました!

行きは途中の滝や沢で遊んだので不動滝まで到着に約4時間かかってしまいました。
不動滝近くの川辺でお昼を食べました後、たろきちとドアラで不動滝の滝壺近くまで行ってきました。不動滝は水量が多く滝から落ちてくる水は迫力がありましたよ。とにかく水しぶきが凄すぎです!

感想

尾白川渓谷はネットで調べた写真を見る限り、普段より水の量が多かったです。各滝では流れ落ちる水の量に迫力がありました。
また今回は泳げませんでしたが水遊びができるスポットをいくつか見つけたので、次回来るときは水中メガネや海パンなどを装備し旅行探検しに来ようと思います。
最後に日向山も魅力的な山だったので近々登山に行こうと思います。

尾白川渓谷

旅行探検日 2016年9月22日(木)雨
コース 市営無料駐車場 ⇒ 竹宇駒ヶ岳神社 ⇒ 吊り橋 ⇒ 千ヶ淵 ⇒ 三ノ滝 ⇒ 旭滝 ⇒ 神蛇滝 ⇒ 尾白川渓谷探勝路(看板と分岐点) ⇒ 不動大橋 ⇒ 不動滝(お昼) ⇒ 甲斐駒黒戸尾根登山道分岐 ⇒ 竹宇駒ヶ岳神社 ⇒ 市営無料駐車場
歩行時間 約6時間30分(休憩・お昼)
各所有時間

8:45 市営無料駐車場 出発

8:53 竹宇駒ヶ岳神社

9:12 吊り橋

9:49 千ヶ淵
↓ 水遊び
10:38 三ノ滝

11:04 旭滝

11:43 百合ヶ淵

11:54 神蛇滝

12:02 尾白川渓谷探勝路(看板と分岐点)

12:37 不動大橋

12:47 不動滝到着
↓ お昼
13:55 不動滝出発

14:53 甲斐駒黒戸尾根登山道分岐

15:09 竹宇駒ヶ岳神社

15:17 市営無料駐車場 出発

駐車場 市営無料駐車場・約80台

 - 散策 , , , ,

  関連記事

伊豆半島南伊豆中木の戸外浜を経てプライベートビーチに向かう!
伊豆半島南伊豆中木の戸外浜を経てプライベートビーチに向かう!

伊豆半島最南端の奥石廊崎にあるユウスゲ公園から見た景色の中から中木にある人があまり足を踏み入れていなさそうな海岸があったのでそこに旅行探検をしに行ってみました。たろきちとドアラが行こうと思った海岸は中木の戸外浜海岸の南側の斜面の向こう側にあり、山道らしき急斜面を進んで向かってみました。

黒部ダムにて凍った黒部湖や立山など雪化粧の絶景を堪能してきました!
黒部ダムにて凍った黒部湖や立山など雪化粧の絶景を堪能してきました!

黒部ダムにて凍った黒部湖や立山連峰や赤牛竹、赤沢岳など雪化粧をした絶景を観に旅行探検しに行ってきました。今年(2019年)から導入された扇沢駅と黒部ダム駅を結ぶ関電トンネル電気バスに乗ることも今回の旅行探検のミッションでした。

日本百景の尾瀬国立公園でプライベート尾瀬に大興奮!
日本百景の尾瀬国立公園でプライベート尾瀬に大興奮!

群馬県、新潟県、福島県にまたがる本州最大の湿原で特別天然記念物に指定されている尾瀬に旅行探検しに行ってきました。今回は水芭蕉の群生を見るのが目的でしたが暖冬の影響で水芭蕉は終わりかけていましたが、夕方になると日帰りの観光客が帰ってしまうのでほとんど人がいない尾瀬ヶ原を満喫することができました。

ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の1つである「三保の松原」
世界文化遺産「三保の松原」から富士山を見てきました。

ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」に登録された25か所のうち富士山から一番遠い所にある静岡県清水市の三保半島にある「三保の松原」に旅行探検に行ってきました!世界文化遺産に登録されたのは三保の松原だけではなく御穂の神社や参道の神の道、羽衣公園付近から真崎までの清水海岸が対象となっています。

皇居一周
散策活動・東京駅開業100周年にちなんで皇居一周してきました

2015年は東京駅開業100周年ということで記念スイカを購入した以外でも個人的に何か東京駅絡みでイベントをしたいと考えていました。そこで前々から考えていた皇居を一周をするイベントを決行することにしました。溜池山王を出発し日枝神社、国会議事堂、千鳥ヶ淵公園、武道館、皇居東御苑を巡り最後は新橋で打ち上げしました!

山梨県の河口湖をサイクリングで一周してきました!
山梨県の河口湖をサイクリングで一周してきました!

山梨県の河口湖をレンタルサイクリングで一周してきました。船津浜から反時計回りに進み、残念ながら富士山は雲に隠れていて見えませんでしたが、所々で留守ケ岩や奥河口湖、小海公園など探検スポットがあったので楽しい時間を過ごすことができました。

みさきまぐろきっぷで三浦半島の城ヶ島へ旅行探検しに行ったきた!
みさきまぐろきっぷで三浦半島の城ヶ島へ旅行探検しに行ったきた!

みさきまぐろきっぷで三浦半島にまぐろを食べに旅行探検しに行ってきました。みさきまぐろきっぷは京急が行っているサービスで電車やバスの乗車券とまぐろまんぷく券、三浦・三崎おもひで券のきっぷ3枚あり、三浦半島の旅を満喫できるきっぷです。今回はこのみさきまぐろきっぷを使って城ヶ島や三崎港など旅行探検を満喫してきました。

小江戸川越に高速バスで日帰り旅行探検に行ってきました。
小江戸川越に高速バスで日帰り旅行探検に行ってきました。

小江戸川越に高速バスで奥さんと2人で日帰り旅行探検に行ってきました。2019年3月16日から高速バスの藤沢⇔川越の新路線(圏央ライナー川越湘南線)が開通し今までなかなか行けなかった埼玉県に旅行探検できるようになりました。

尾瀬の尾瀬ヶ原にハイキングをしに行ってきました!
尾瀬の尾瀬ヶ原にハイキングをしに行ってきました!

尾瀬国立公園の大湿地帯である尾瀬ヶ原に鳩待峠をスタート地点とし10時間をかけ約25kmを歩くハイキングに行ってきました。目的だった水芭蕉の群生は暖冬の影響で一部の群生しか見られませんでしたが大自然の中で楽しいハイキングをすることができました。

尾瀬沼一周!沼山峠から長蔵小屋を経て尾瀬沼を一周してきました!
沼山峠から長蔵小屋を経て尾瀬沼を一周してきました!

尾瀬国立公園の尾瀬沼を一周してきました。沼山峠から長蔵小屋を経て尾瀬沼を一周してきました。御池駐車場から沼山峠までバスで移動し本日宿泊する長蔵小屋まで行き、荷物を下ろし軽装で尾瀬沼を時計回りに一周してきました。尾瀬沼の奥には燧ヶ岳がそびえたつ様は超感動です。沼尻平では池塘(ちとう)を間近で見られるスポットもありとても有意義な尾瀬旅をしてきました。