鳴門公園からうずしお(渦潮)や大鳴門橋を観に旅行探検に行ってきました!

旅行探検部 ~おすすめスポットを観光旅行しながら探検も楽しんでます~

原付バイクや自動車で観光名所やおすすめスポット・穴場などを訪れ旅行しながら探検もしています!

*

鳴門公園からうずしお(渦潮)や大鳴門橋を観に旅行探検に行ってきました!

鳴門公園からうずしお(渦潮)や大鳴門橋を観に旅行探検に行ってきました!
大鳴門橋を渡り鳴門公園に立ち寄りうずしお(渦潮)や大鳴門橋などを観に千畳敷展望台やお茶園展望台などを旅行探検してきました。

12泊13日の一人旅行探検の9日目(2019年6月17日)

鳴門公園

鳴門公園の第一駐車場に愛車を停め旅行探検を開始!まずは鳴門展望台に向かいましたが工事中で行けず千畳敷展望台に向かいました。

千畳敷展望台

千畳敷展望台から大鳴門橋やうずしおが観られました。瀬戸内海から太平洋側に海水が流れており、裸島(はだかしま)の奥にうずしおが発生していました。
うずしおが間近で観られるクルーザーが観光客を乗せうずしおの周りやうずしおの中をクルージングしていました。
また、わかめの養殖もされていました。
鳴門公園・千畳敷展望台

鳴門公園・千畳敷展望台

鳴門公園・千畳敷展望台

鳴門公園・千畳敷展望台

観光客が少なかったのでのんびりできました

鳴門公園・千畳敷展望台からの眺望

鳴門公園・千畳敷展望台からの眺望

相ヶ浜

千畳敷展望台から階段を下り相ヶ浜へ
潮の流れる音が轟き続ける様は迫力がありました。相ヶ浜から孫崎灯台に行こうとしたのですが道が封鎖されていたので断念しました。
が、帰宅後に調べてみたらホテル側の遊歩道から行けたのかもしれません..(汗)
孫崎灯台は諦めて大鳴門橋の下まで行けたのでこちらで記念撮影をしてきました。

鳴門公園・相ヶ浜

相ヶ浜

鳴門公園・相ヶ浜

相ヶ浜

観光船以外はうずしおが発生していない海域を走行していました。

鳴門公園・鳴門うずしおクルーズ

鳴門うずしおクルーズ

うずしおに向かって攻めていってました。次回は是非クルージングも楽しもうと思います。

鳴門公園・大鳴門橋

大鳴門橋の真下まで行けました!

大鳴門橋を下から望む

大鳴門橋を下から望む

渦の道

渦の道は大鳴門橋の海上遊歩道で45mの下のうずしおを観ることができるとのこと。干潮が11時50分ということでタイミング的にはよい時間だったのですが今回は立ち寄らずにお茶園展望台に向かいました。

徳島県立・渦の道

徳島県立・渦の道

今回はスルーしました..

お茶園展望台

お茶園
昔、阿波藩主蜂須賀候が茶屋を設けて観潮した所で、当時はお茶屋と呼んでいた。
今のお茶園の名もそれにちなんだものである。

お茶園展望台はうずしおや大鳴門橋を南側から観られます。お茶園からの方がうずしおがはっきりと観られました。

鳴門公園・お茶園展望台

お茶園展望台

鳴門公園・お茶園展望台

お茶園展望台から大鳴門橋とうずしおを望む

お茶園展望台から紀伊水道(太平洋)側を望む

紀伊水道(太平洋)側を望む

渦見茶屋

渦見茶屋にてお昼を食べました。鯛めしと讃岐うどんで迷いましたが鳴門の若布を練りこんだわかめ麺冷やしうっかけを注文しました。
細麺の緑色のうどんですだちぽんずを多めにかけて食べると柑橘系のスッキリした味でおいしく頂きました。

お茶園・渦見茶屋

お茶園・渦見茶屋

渦見茶屋・わかめ麺冷やしぶっかけ

渦見茶屋・わかめ麺冷やしぶっかけ

感想

鳴門のうずしおを生で観たのは初めてで瀬戸内海から海の水が太平洋側に流れていることに驚き感動しました。また、大鳴門橋も迫力があり、北と南側から天望できたこともよかったです。
今回はクルーズや渦の道には行きませんでしたが、次回の旅行探検では間近でうずしおを楽しもうと思います。

鳴門海峡は世界三大急流のひとつ

鳴門海峡は世界三大急流のひとつなんですね!

瀬戸内海の潮流
鳴門海峡は、四国と淡路島にはさまれた約1300メートルの海峡です。瀬戸内海の海流は黒潮の分水が豊予海峡(ほうよかいきょう)から入り東へながれて紀淡海峡(きたんかいきょう)から去るのが普通ですが、別に潮のみちひきによる流れは四つの瀬戸から入って東西に流れ、なかでも、鳴門海峡の干満時の急流は、世界的なきぼのものといわれています。

世界の三大急流
・北アメリカ:バンクーバー島 シーモニア諸島
・イタリヤ:シチリヤ島 メッシナ海峡
・日本:四国 鳴門海峡

鳴門公園

旅行探検日 2019年6月17日(月)
駐車場 500円
大鳴門橋(おおなるときょう) ・橋長:1629m
・中央径間:876m
・幅:25m
・主塔の高さ:114.3m
・1985年(昭和60年)6月8日開通

鳴門公園を散策したルート

鳴門公園を散策したルート

 - スポット, ドライブ, 散策 , , , ,

  関連記事

みさきまぐろきっぷで三浦半島の城ヶ島へ旅行探検しに行ったきた!
みさきまぐろきっぷで三浦半島の城ヶ島へ旅行探検しに行ったきた!

みさきまぐろきっぷで三浦半島にまぐろを食べに旅行探検しに行ってきました。みさきまぐろきっぷは京急が行っているサービスで電車やバスの乗車券とまぐろまんぷく券、三浦・三崎おもひで券のきっぷ3枚あり、三浦半島の旅を満喫できるきっぷです。今回はこのみさきまぐろきっぷを使って城ヶ島や三崎港など旅行探検を満喫してきました。

伊豆半島の仁科峠から360度の大パノラマと富士山を眺望!
伊豆半島の仁科峠から360度の大パノラマと富士山を眺望!

静岡県・伊豆半島の仁科峠に行ってきました。仁科峠展望台では駿河湾や富士山、伊豆の山々など360度のパノラマを見ることができました。仁科峠は富士箱根伊豆国立公園に属し、伊豆市と西伊豆町の境にあります。空気が澄んだ時には富士山をはじめ、南アルプスまで見られる眺望が有名です。

自動車隊で行く神奈川県は横須賀&三浦半島への日帰り旅行探検!
自動車隊で行く神奈川県は横須賀&三浦半島への日帰り旅行探検!

旅行探検部の自動車隊として神奈川県は横須賀と三浦半島へ日帰りの旅行探検に行ってきました。三崎マグロで有名な「うらり」から始まり「毘沙門洞窟」、「大浦山海蝕洞窟」を探検し「海わ屋(かいわや)」で「海わ屋天ざる」を食し、最後は「横須賀美術館」で「ウルトラマン・創世紀展」を見てきました。

養老渓谷・養老の滝(粟又の滝)がある滝めぐりコースを旅行探検してきたよ!
千葉の養老渓谷・養老の滝(粟又の滝)を旅行探検してきたよ!

千葉県房総半島の養老渓谷・養老の滝(粟又の滝)がある滝めぐりコースを旅行探検してきました。養老渓谷は千葉県道178号線沿いにありいちぼう茶家がある駐車場に車を停めて養老の滝(粟又の滝)に向かいました。滝めぐりコースでは養老の滝、千代の滝、万代の滝、子宝のもみじ、昇龍の滝をめぐる片道約2kmのコースとなっております。

静岡県西伊豆の丹野平にある山犬石やパノラマを堪能してきた!
静岡・伊豆半島の丹野平で山犬石や大パノラマを堪能してきたぁ~!

静岡県・伊豆半島への旅行探検で西伊豆にある丹野平に行ってきました。丹野平は公園のように整備されており、ベンチや山名標識があり、また景色は360度見渡せる大パノラマとなっていました。伊豆最後のニホンオオカミが生息していた場所でもあり北側には富士山や山間部を見渡せる大きな石「山犬石(オオカミイシ)」があります。

静岡県沼津市井田の「煌めきの丘」
富士山のビュースポット・静岡県伊豆半島の北西、県道17号線沿いにある「煌めきの丘」で休憩

伊豆半島西側にある県道17号線を沼津から西伊豆方面に海沿いに走ると、その途中にはいくつかの富士山が見られる展望台があります。その一つ、静岡県沼津市井田にある「煌めきの丘」に立ち寄りました。この「煌めきの丘」からは井田集落や明神池、駿河湾、そして天気の良い日には正面に富士山が見られる展望台となっています。

東京湾フェリー「しらはま丸」に乗船!金谷から久里浜へ
東京湾フェリー「かなや丸」に乗船!金谷から久里浜へ

千葉・館山への旅行の帰りに金谷港と久里浜港を結ぶ東京湾フェリーのかなや丸に乗船してきました。たろきちが東京湾フェリーに乗船するは小学生以来で、東京湾フェリーを使えば金谷と久里浜間を約40分で渡れることを再認識できました。当日は海が荒れていてかなり揺れましたが船酔いもすることなくフェリーの旅を楽しめました。

秋田県・男鹿半島の門前にてなまはげに遭遇
自動車隊にて東北へ!山形県は月山に秋田県は田沢湖と男鹿半島へ!走行距離1700kmの東北旅行記

ゴールデンウィークに東北の山形県は月山スキー場に、秋田県では田沢湖と男鹿半島へ旅行探検をしに行ってきました。

世界大会金賞の田沢湖ビール
秋田県で世界大会4年連続金賞の田沢湖ビールを飲んでみた!

東北への旅行探検にて秋田県仙北市の地ビールである田沢湖ビールのアルトを飲んでみました!田沢湖ビールは4種類あり世界大会の各部門で4年連続金賞を受賞している日本が誇る世界で認めた地ビールなんですよ。今回はその4種類の中で一番人気の田沢湖ビール・アルトを飲んでみました。

初夏の岩原スキー場に旅行探検しに行ってきました。
初夏の岩原スキー場に旅行探検しに行ってきました。

初夏の岩原スキー場に旅行探検しに行ってきました。岩原スキー場は新潟県南魚沼郡湯沢町にある飯士山(いいじさん)の中腹にあります。越後湯沢から一際目立つ岩原スキー場の山頂クワッドリフト降り場を目指し旅行探検しに向かってみました。