石川県・能登半島 見附島(軍艦島)へ旅行探検してきました!

旅行探検部 ~おすすめスポットを観光旅行しながら探検も楽しんでます~

原付バイクや自動車で観光名所やおすすめスポット・穴場などを訪れ旅行しながら探検もしています!

*

石川県・能登半島 見附島(軍艦島)へ旅行探検してきました!

石川県・能登半島 見附島(軍艦島)へ旅行探検してきました!
石川県珠洲市にある見附島(軍艦島)に旅行探検してきました。

12泊13日の旅行探検の4日目(2019年6月12日)

見附島は石川県指定天然記念物・名勝であり高さは29mあるとのことです。

石川県・能登半島 見附島(軍艦島)へ旅行探検してきました!

海にそびえたつ見附島

海岸には見附島の説明版と縁結びの鐘があり、その海岸から約200m離れた海の中に見附島がそびえたっています。

見附島(軍艦島)

見附島(軍艦島)

たろきちが旅行探検したときは潮が引いていたので見附島へ延びる踏石の道は歩くことができました。が、潮が満ちているときは海面が踏石の上部までくるようで歩くのは危険のようですね。

見附島(軍艦島)

正面から見ると軍艦に見える!

旅行探検しに来たからには見附島の行けるところまで行かなきゃってことで石の道を進みました。三脚を片手に持ち転ばないように慎重に歩き石の道の行けるところまで行きました。

見附島への石の道を進む

見附島(軍艦島)

見附島をバックに記念撮影

見附島は間近で観ると迫力がありました。

見附島の左側の海に鳥居があり、またその鳥居と見附島の間に小さな岩がありました。
海の中の鳥居はなにか神秘的な感じがしました。海の水も透明度が高く空も青くと最高の旅行探検になりました。
見附島(軍艦島)

鳥居と小島

せっかく来たので見附島を左右から見てきました。

見附島(軍艦島)

見附茶屋(北側)から見た見附島

見附島(軍艦島)

えんむすびびーち(南側)から見た見附島

帰宅後に見附島について調べてみました。

説明版

見附島(軍艦島)

説明版と見附島

見附島(軍艦島)

見附島は標高29m、長径160m、短径50mの菱形をしている。地質は能登半島北東域に散在する新第三世紀中新世後期
(約1100万~500万年前)の珪藻土(飯塚珪藻泥岩層)の堆積構造を持つ。長年の風化・浸食作用によって、
この特異な形状になった。植生は、タブノキ、モチノキ、ヤブツバキなどの照葉樹が多く、四季を通じて緑に
覆われている。昭和30年代までは東側壁から登ることができ、頂上に見附神社の祠があった。

 名称の由来は、加志波良古神あるいは弘法大師(空海)が海を渡ってきた際に、この島を見つけて上陸したため
見附島と呼ぶようになったという伝承がある。形状が軍艦に似ていることから「軍艦島」とも言われ、また
月の名所でも知られており、「見月島」と記す文献もある。
 見附島は、奥能登沿岸の地形形成過程や植生を知るうえで重要な学術的資料であり、石川県の代表的な景勝地である。

雲がなければ北アルプスや立山が観られるのかぁ~
※翌日は雲があまりなかったので北アルプスや立山が観られました(*^^)v

小島

ウィキペディアより
かつて島から20m、海岸から約200m離れた場所に珪藻土の岩「小島」が存在していた。
見附島と並ぶ「二島」として長年親しまれ、セットで信仰の対象になっていた。かつては高さ、幅ともに約10mあったとされているが、
年月が経つにつれて浸食により高さ2m、幅2mの三角形の小さな岩にまで縮小し、令和元年台風第19号による強風と高波の影響で、完全に消失した

見附島(軍艦島)
なんと、小島は消失してしまったのか..

鳥居

見附島と並んで海上には鳥居も建てられていて、海の中に建つ鳥居はとても神秘的。
1933年に能登沖地震が発生した際に社殿が崩壊したため、社殿部分は海岸に遷されましたが、海上の鳥居はそのまま残り現在の姿となりました。

※参考:見附島の神秘的な魅力をご紹介

感想

たろきちが見附島を旅行探検したときは観光客が少なかったのでゆっくりと見附島を堪能することができました。
石の道は凸凹していて歩くのに苦労しましたが、間近で迫力がある見附島を見られて本当に良かったです。
北アルプスをバックに見附島を見られなかったのは残念ですが、次回来るときは北アルプスもそうですが朝日や夕陽も堪能しに旅行探検に来たいと思います。

見附島(軍艦島)

旅行探検日 2019年6月12日(火)
駐車場 無料
トイレ あり

 - ドライブ, 散策 , , , ,

  関連記事

秋田県男鹿国定公園「寒風山」
男鹿半島の寒風山は絶景が広がる世界三景だった!

秋田県男鹿半島にある男鹿国定公園の寒風山に行ってきました。寒風山は標高355mの小さな火山で、山頂の展望台からは大きな火口や男鹿半島で最も高い山「本山(716m)」、ナマハゲ発祥の山「真山(571m)」、八郎潟干拓地、天王砂丘など素晴らしい景色を見ることができます。

自動車隊で行く神奈川県は横須賀&三浦半島への日帰り旅行探検!
自動車隊で行く神奈川県は横須賀&三浦半島への日帰り旅行探検!

旅行探検部の自動車隊として神奈川県は横須賀と三浦半島へ日帰りの旅行探検に行ってきました。三崎マグロで有名な「うらり」から始まり「毘沙門洞窟」、「大浦山海蝕洞窟」を探検し「海わ屋(かいわや)」で「海わ屋天ざる」を食し、最後は「横須賀美術館」で「ウルトラマン・創世紀展」を見てきました。

山梨県の河口湖をサイクリングで一周してきました!
山梨県の河口湖をサイクリングで一周してきました!

山梨県の河口湖をレンタルサイクリングで一周してきました。船津浜から反時計回りに進み、残念ながら富士山は雲に隠れていて見えませんでしたが、所々で留守ケ岩や奥河口湖、小海公園など探検スポットがあったので楽しい時間を過ごすことができました。

静岡県の伊豆半島・西伊豆の三四郎島へ旅行探検
静岡県の伊豆半島・西伊豆の瀬浜海岸と三四郎島へ旅行探検!テンション上がりました!!

今回の静岡県伊豆半島への旅行探検で一番のメインが西伊豆の瀬浜海岸から歩いて島へ渡ることができる三四郎島(さんしろうじま)です。三四郎島は手前から「象島」、「中の島」、「高島」で成り立っており干潮時には三四郎島と海岸の間にトンボロ(陸繋砂州)ができ、陸繋島となって徒歩で三四郎島に渡ることができます。

ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の1つである「三保の松原」
世界文化遺産「三保の松原」から富士山を見てきました。

ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」に登録された25か所のうち富士山から一番遠い所にある静岡県清水市の三保半島にある「三保の松原」に旅行探検に行ってきました!世界文化遺産に登録されたのは三保の松原だけではなく御穂の神社や参道の神の道、羽衣公園付近から真崎までの清水海岸が対象となっています。

秋田県・男鹿半島の門前駐車場に設置されているなまはげ立像
東北の旅行探検で秋田県男鹿半島の門前にてなまはげに遭遇!

今回の東北への旅行探検で秋田県男鹿半島の門前にてるなまはげ立像を間近で見てきました。
身長9.99メートルの大きさで、右手には出刃包丁や鉈(なた)ではなく御幣(ごへい)を付けた丈を握り、
今にも襲い掛かってきそうな躍動感あるなまはげが門前のシンボルとして立ち誇っています。

みさきまぐろきっぷで三浦半島の城ヶ島へ旅行探検しに行ったきた!
みさきまぐろきっぷで三浦半島の城ヶ島へ旅行探検しに行ったきた!

みさきまぐろきっぷで三浦半島にまぐろを食べに旅行探検しに行ってきました。みさきまぐろきっぷは京急が行っているサービスで電車やバスの乗車券とまぐろまんぷく券、三浦・三崎おもひで券のきっぷ3枚あり、三浦半島の旅を満喫できるきっぷです。今回はこのみさきまぐろきっぷを使って城ヶ島や三崎港など旅行探検を満喫してきました。

国道299号線・メルヘン街道
自動車で行く長野県・八ヶ岳連峰と上高地~メルヘン街道編~

長野県・八ヶ岳連峰の旅行探検で国道299号線・通称「メルヘン街道」を自動車で立ち寄った場所を紹介します。メルヘン街道とは八ヶ岳を横断する蓼科高原(茅野市)から佐久穂町を結ぶ全長38kmの国道299号線です。途中にある標高2127mの麦草峠は国道としては日本で2番目に高い峠となっています。

上高地・河童橋
大正池・田代池・河童橋・明神池のおすすめスポット巡り in 上高地

上高地の大正池から田代池・湿原を経て河童橋に到着。そこから更に明神池まで行ってきました。梓川の河童橋は有名ですが、その上流にある明神橋から見上げる穂高連峰の景色も迫力がありました。体力のある方は明神池まで行くことをおすすめします。

世界文化遺産の白糸の滝へ旅行探検しに行ってきました!
世界文化遺産の白糸の滝(静岡)へ旅行探検しに行ってきました!

世界文化遺産「富士山・信仰の対象と芸術の源泉」の構成の1つである白糸の滝へ旅行探検しに行ってきました。白糸の滝は静岡県富士宮市井出にあり、幅200m、高さ20mの滝で、芝川の流れと富士山の雪解け水が湧き出て滝となっています。とにかく白糸の滝はマイナスイオンと迫力がすごかったですよ。