長野県・佐久の三河屋食堂にて鯉料理の甘煮、鯉こく、あらいを堪能!

2018年2月28日

長野県・佐久の三河屋食堂にて鯉料理の甘煮、鯉こく、あらいを堪能!

◆ 旅行探検日:2016年9月23日(金)曇り

佐久の味処のパンフレットを見ていたら鯉料理を振る舞うお店が多くあることを知り佐久市の三河屋食堂に鯉料理を食べに行ってきました。
三河屋食堂は小海線中込駅の駅前にあります。今回は自動車で行ったのですがお店の方に駐車場の場所を聞いたところ、店から近くの駐車場を案内してくれました。

長野県・佐久の三河屋食堂にて鯉料理の甘煮、鯉こく、あらいを堪能!

三河屋食堂

佐久の三河屋食堂

三河屋食堂の店内の様子

我々が店に入ったときはちょうどお昼時だったのでお店には多くのお客さんがいました。
※上の写真はお客さんが帰った後に撮影しました。

長野県・佐久の三河屋食堂にて鯉料理の甘煮、鯉こく、あらいを堪能!

今回は鯉こく定食と甘煮・あらいを注文

鯉料理は甘煮、鯉こく、あらい(刺身)、鯉の唐揚げ、鯉丼などがありましたが、今回は鯉こく定食と単品で甘煮あらい(刺身)を注文しました。鯉料理を食べるのは高校生の時に横浜の中華街で食べた以来で、鯉料理 = 泥臭いイメージがあったため、佐久の鯉料理がどのような味なのか想像できませんでした。

注文した鯉料理の鯉こく定食と甘煮とあらい(刺身)でーす!

注文した鯉料理の鯉こく定食と甘煮とあらい(刺身)でーす!

鯉こく定食

鯉料理の鯉こく定食

鯉料理の鯉こくでーす!

鯉こくは筒切りの鯉が入った味噌汁でした。 鯉こくの汁は鯉のダシがきいて例えようのない美味しさでした。鯉の身は臭みもなく柔らかくさっぱりした味で、また内臓も一緒に調理されていました。個人的には内臓の方がコクもあり美味しかったです。

ハヤのから揚げも旨すぎる!

ハヤのから揚げも旨すぎる!

定食にはハヤの唐揚げが付いているのですが、この唐揚げも超うまいです。ハヤのから揚げだけでご飯がおかわりできますよ!

鯉のあらい(刺身)

鯉料理のあらい(刺身)

鯉料理のあらい(刺身)でーす!

鯉の刺身を食べるのは人生で初めてです。見た目は鯛の刺身のようですが、味は脂が少なくあっさりしていて淡白ですしたが美味しかったです。 個人的には タイより鯉のあらいの方が好みです。鯉のあらいはわさび醤油か酢味噌をつけて食べるのですが、私は酢味噌が苦手なのでわさび醤油で頂きました。お酒のおつまみには最高ですね~!

鯉の甘煮

鯉料理の甘煮

鯉料理の甘煮でーす!

甘煮は筒切りの鯉の煮付けです。 ご飯があればいくらでも食べられるほど最高にうまかったです。身もうまいんですが内臓がタレとマッチしていてコクがありこれがまたうまいんですよ~!これもまた酒のつまみに最高ですね(#^^#)
三品注文した中で個人的に甘煮が一番うまかったです。

佐久鯉 について調べてみました。
佐久鯉は全国ブランドとしても有名とのことです(知らなかった…)
佐久鯉は千曲川の清潔で冷たい流水で育てるため成長速度が遅いことにより泥臭くない脂肪は程よく乗って身がしまった肉質になるとのことです。
佐久鯉についてはこちらをご参照ください!
信州佐久旅の観光ガイド

おまけ・その1

平日限定のワンコインランチもあるぞ!

平日限定のワンコインランチもあったぞ!

三河屋食堂では平日限定のワンコインランチもあるんですね。9月は鶏天丼(みそ汁・漬物付き)でした。こちらのメニューも気になりますねぇ~

おまけ・その2

佐久市や南牧村のスーパーでは佐久鯉が鮮魚コーナーで販売されているんですね!

佐久鯉がまるごと販売されていた!

佐久市や南牧村のスーパーでは佐久鯉が鮮魚コーナーで販売されているんですね!

切身やうま煮でも販売されていた!

八ヶ岳への旅行探検中に佐久市や南牧村のスーパーで買い物をしたんですが、鮮魚コーナーには佐久鯉が販売されていました!

お店情報

旅行探検日 2016年9月23日(金)
店名 三河屋食堂
メニュー(料金) 鯉こく定食(1500円)
甘煮(970円)
あらい(970円)
住所 長野県佐久市中込1-21-4
電話 0267-62-0037
駐車場 あり
定休日 月曜日

佐久の味処のパンフレット

佐久の味処のパンフレット