秋田郷土料理のきりたんぽ鍋を東北の旅行探検で食べてきたよ!

2018年5月6日

秋田郷土料理・きりたんぽ鍋
東北への旅行探検2日目のお昼は田沢湖の湖畔にある田沢湖共栄パレスのレストランで秋田郷土料理のきりたんぽ鍋を食べてきました。

実は私、きりたんぽ鍋を食べるのは人生で初めてなんですよ。今までなぜ食べなかったかといいますと、お米をつぶして練って作られた食べ物があまり好きではなかったからです。子供の頃は特にダメで餅は食べられましたが、おはぎや焼きおにぎりなどはすごく苦手だったのです。
しかし、大人になり少しずつではありますが焼きおにぎりなど食べられるようになりました。
おそらくひとつの理由としてお米が品種改良などにより、昔に比べ美味しくなったからだと個人的に思っています。
そんな訳で今まできりたんぽを避けてきましたが、この東北への旅行探検で秋田郷土料理の「きりたんぽ鍋」を食べることをひとつのイベントとして臨んだわけであります。

きりたんぽ鍋は醤油ベースのスープに比内地鶏とネギ、ゴボウ、春菊などが入っており、別の皿で出されたきりたんぽを自分で鍋の中に投入します。
一人前の土鍋が五徳(ごとく)の上に置かれ、お店の方が固形燃料に火を着けてくれます。鍋のスープが沸騰してきたらきりたんぽを鍋に投入します。

秋田郷土料理・きりたんぽ鍋

きりたんぽは別の皿に盛られています

秋田郷土料理・きりたんぽ鍋

鍋にきりたんぽを投入

お店の人にあまり長い時間きりたんぽを鍋に入れておくと溶けてしまうと言われたので、きりたんぽにある程度スープがしみ込んだ段階で頂きました。

秋田郷土料理・きりたんぽ鍋

鍋にきりたんぽを投入直後です

一緒に旅行探検に行った友人はきりたんぽ鍋をよく食べているようで、きりたんぽを溶かしてスープにトロミをつけて食べるのもおいしいと言っておりました。

秋田郷土料理・きりたんぽ鍋

きりたんぽにスープが染みてきました!

きりたんぽをひっくり返すのに苦戦中!

きりたんぽ鍋は正直なところきりたんぽより比内地鶏の方が美味しかったです。肉は柔らかく醤油ダシがしみ込んでおりご飯と一緒に食べると最高でした。

きりたんぽ鍋は自宅でもできそうなので、寒い季節になったら作ってみたいと思います。

「きりたんぽ鍋」情報

旅行探検日 2015年5月3日(日)
店名 田沢湖共栄パレス・レストラン
料理(料金) きりたんぽ鍋(1450円)
駐車場 無料