東北旅行探検でたつこ像で有名な田沢湖に行ってきました!

旅行探検部 ~おすすめスポットを観光旅行しながら探検も楽しんでます~

原付バイクや自動車で観光名所やおすすめスポット・穴場などを訪れ旅行しながら探検もしています!

*

東北旅行探検でたつこ像で有名な田沢湖に行ってきました!

たつこ像で有名な秋田県仙北市の田沢湖

◆ 旅行探検日:2015年5月2日(土)晴れ

今回の東北旅行探検では八幡平に行く予定でしたが、2日目に泊まる宿が秋田県秋田市のユースパルに決まったので、田沢湖ユースホステルからだと八幡平に行くには一度内陸に向かい、その後に同じコースで日本海側の秋田市に向かうことになるので今回は八幡平に行くの諦めました。ですので2日目は田沢湖ユースホステルからユースパルまで約200kmの距離をゆっくり旅行探検することになりました。

と、いうことでまずは宿泊した田沢湖ユースホステルからすぐ近くにある田沢湖に行って一回りしたつこ像を見に行くことになりました。

今までの旅行探検の経験から湖の周りにはいくつか撮影スポットや休憩スポットがあり、そのスポットは湖側にあることが多かったので左折で駐車場に入れるように左周り(反時計回り)で周ったのですが、田沢湖の場合は湖側ではなく山側に駐車場がありました(+_+)

◆ 田沢湖の旅行探検で周ったスポット
(1) 田沢湖ユースホステル ⇒ (2) 御座石神社鏡石 ⇒ (3) たつこ像漢槎宮浮木神社) ⇒ (4) 田沢湖共栄パレス(お昼) ⇒ 田沢湖高原

たつこ像で有名な秋田県仙北市の田沢湖

旅行探検したルートと各スポット

お世話になった田沢湖ユースホステルです。国民宿舎「田沢湖ロッジ」と共同運営していました。この田沢湖ユースホステルから田沢湖まで歩いて行っても5分ほどの距離です。
田沢湖ユースホステル

田沢湖ユースホステル

田沢湖の旅行探検で最初に立ち寄ったのが御座石神社です。こちらにはたつ子姫像があり、人魚のように上半身はたつ子姫で下半身は龍の像となっています。
御座石神社 ( ござのいしじんじゃ )

御座石神社

茅の輪(ちのわ)という茅(かや)で作られた大きな輪があり、正しくぐらないと厄除け効果が発揮されないようでございます。
御座石神社 ( ござのいしじんじゃ )

茅の輪を正しい順番でくぐり厄払いをしましょう!

御座石神社の鳥居の平坦な岩場があり、こちらを御座石というようです。そこにちょっとした石台があったのでたつこ像の真似をしてみました。
※こちらの石台は上がるより降りる方が怖かったです。
御座石神社の鳥居前にてニセたつこ像

たつこ像のように石台の上でポーズ!

田沢湖に生息しているクニマスかヒメマス(?)の魚群を発見しました。魚群もすごかったけど田沢湖の水がきれいで感動しました!
田沢湖の水は岸辺付近は水色ですが岸辺から数メートル離れると深い青色となります。急激に深くなっているみたいですね。
クニマスなのかヒメマスなのか魚群を発見

クニマス?ヒメマス?の魚群を発見

クニマスなのかヒメマスなのか魚群を発見

魚群もすごいけど田沢湖の水は超きれい

魚群の動画はこちらから

御座石神社の隣には休憩所があり、そこから辰子姫が化粧をする際に使っていたとされる鏡石に行きました。結構急斜面を登っていくので体力を使います。
辰子姫が化粧する際に使った鏡石

辰子姫が化粧する際に使った鏡石

ようやくたつこ像がある場所に到着!たつこ像はこの先にあります。
たつこ像に到着

たつこ像に到着

田沢湖のシンボルであるたつこ像の周りには観光客が多く、みんな記念写真を撮っていました。
漢槎宮(浮木神社)から見たたつこ像

漢槎宮(浮木神社)から見たたつこ像

漢槎宮(浮木神社)

漢槎宮(浮木神社)

漢槎宮(浮木神社)から見たたつこ像の反対側の景色

漢槎宮(浮木神社)から見たたつこ像と反対側の景色

お昼は田沢湖共栄パレス内にあるレストランで秋田郷土料理のきりたんぽ鍋を食べました。
お昼にきりたんぽ鍋を食べました

お昼にきりたんぽ鍋を食べました

田沢湖情報

東北の湖というと北から十和田湖、田沢湖、猪苗代湖などが有名ですが、田沢湖について調べてみると田沢湖は日本一深い湖だそうで、その深さは平均200m以上、最大深度は423.4mあるとのことです。世界でも17番目の深い湖なんだそうです。

また、田沢湖は真冬でも水が凍らないとい特徴があります。言い伝えを簡単に説明すると

『たつこ像で有名な辰子さんが湖の水を飲みすぎて龍なり田沢潟の主となって湖底深くに沈んでしまったそうです。男鹿半島に八郎潟をつくり主となった八郎太郎は、毎年秋の彼岸の頃、田沢湖に恋人の辰子を訪ねて冬を過ごすため、主のいない八郎潟は凍りつき、2人の龍神が住む田沢湖は冬の間も凍らない湖となった』

ということのようです。

科学的な解説によると「湖面標高は249mであるため、最深部の湖底は海面下174.4mということになる。この深さゆえに、真冬でも湖面が凍り付くことはない。」とのことでした。

 - ドライブ , , , ,

  関連記事

秋田県・男鹿半島の門前にてなまはげに遭遇
自動車隊にて東北へ!山形県は月山に秋田県は田沢湖と男鹿半島へ!走行距離1700kmの東北旅行記

ゴールデンウィークに東北の山形県は月山スキー場に、秋田県では田沢湖と男鹿半島へ旅行探検をしに行ってきました。

自動車隊で行く10月の山梨県&長野県の八ヶ岳への旅行探検
紅葉の名所の長野県・八ヶ岳へ旅行探検しに行ってきました!

旅行探検部の自動車隊として10月に紅葉の名所の山梨県と長野県にまたがる八ヶ岳に行ってきました。今回は日本で一番高い場所にある湖の白駒池を見下ろせる高見石への登山と八千穂高原や八ヶ岳高原で紅葉狩りを満喫してきました。また、蕎麦好きに私は新そばを求めていくつかのそば屋に行ったりもしました。

花巻ならの里ユースホステル
東北旅行で岩手県の花巻ならの里ユースホステルに宿泊してきました!

ユースホステルでは畑で野菜を栽培しており、採りたての食材を食べることができます。今回はサラダや味噌汁に野菜やキノコが入っていました。ここの朝食は美味しいです。

山形県・月山スキー場から見る朝日連峰
GWの山形県・月山はスキー場が開いたばかりの雪山だった!

5/2~5/4・ゴールデンウィーク東北への旅行探検の初日に山形県の出羽丘陵の南にある月山へ向いました。月山の標高は1984m。月山と姥ヶ岳の間にある月山スキー場は4月12日にオープンしたばかりで、6月上旬までスキーができる日本で夏スキーが楽しめる数少ないスキー場のひとつです。

静岡県の伊豆半島・西伊豆の三四郎島へ旅行探検
静岡県の伊豆半島・西伊豆の瀬浜海岸と三四郎島へ旅行探検!テンション上がりました!!

今回の静岡県伊豆半島への旅行探検で一番のメインが西伊豆の瀬浜海岸から歩いて島へ渡ることができる三四郎島(さんしろうじま)です。三四郎島は手前から「象島」、「中の島」、「高島」で成り立っており干潮時には三四郎島と海岸の間にトンボロ(陸繋砂州)ができ、陸繋島となって徒歩で三四郎島に渡ることができます。

八ヶ岳・夕暮れ時の白駒池
自動車で行く長野県・八ヶ岳連峰と上高地

八ヶ岳連峰の横谷渓谷や白駒池、上高地の大正池や河童橋、明神池を3日間で周り、旅行と探検を満喫してきました。おすすめスポットは夕暮れ時の八ヶ岳の白駒池と上高地の明神池です。夕陽を浴び赤く染まった大きな雲と山林が池の水面に写る景色は見ごたえ十分!また、横谷渓谷の乙女滝や王滝ではマイナスイオンに癒されてきました。

静岡県下田の白浜海岸(白浜大浜海水浴場)
伊豆半島の下田にある白浜海岸の砂浜と海が美しすぎる!

静岡県伊豆半島の旅行探検2日目に南伊豆の下田にある人気スポットである白浜海岸(白浜大浜海水浴場)行ってきました。オフシーズンだったため白浜海岸(白浜大浜海水浴場)は誰もいないプライベートビーチで、美しく白く砂浜と青く透き通った海を独占で満喫していきました!

づけ丼(メバチマグロ+赤身)
三浦半島のうらりに生マグロとズワイガニを買いに行く!

お正月用に食べる生まぐろと海産物を購入しに三浦半島にある「三崎マグロ 三浦市の産直品売り場 うらり」に行ってきました。また、現地ではまぐろ料理のメバチマグロと赤身のづけ丼を食べてきました。寒かったけどおいしいものが沢山食べられたのでとても満足する一日でした。

白駒池のボートと水面に映る雲
長野県の八千穂高原・白駒池を旅行探検してきました!

長野県の八千穂高原の白駒池(白駒の池)は標高2100m以上の湖としては日本最大の天然湖であり、紅葉の名所として有名です。冬は池に氷が張りクロスカウントリースキーが楽しめます。私も学生の時に一度、探検部の活動でクロスカウントリースキーをしに白駒池に来たことがあります。こちらに来たのは実に20年ぶりとなります。

蓮華の三色丼
三浦半島のうらり産直センターで生まぐろなどを購入してきました!

生まぐろとマグロのしっぽを購入しに三浦半島にある「三崎マグロ 産直品売り場 うらり」に行ってきました。現地ではうらりの近くにある「蓮華」という料理屋で三色丼(赤身・中トロ・ビンチョウマグロ)を食べてきました。風が強く寒い中行ってきましたが美味しいマグロ料理が食べられたので大満足です。