世界文化遺産「三保の松原」から富士山を見てきました。

旅行探検部 ~おすすめスポットを観光旅行しながら探検も楽しんでます~

原付バイクや自動車で観光名所やおすすめスポット・穴場などを訪れ旅行しながら探検もしています!

*

世界文化遺産「三保の松原」から富士山を見てきました。

ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の1つである「三保の松原」

◆ 旅行探検日:2016年1月16日(土)快晴

信仰の対象と芸術の源泉として富士山が世界文化遺産に登録されたのが2013年6月26日です。世界文化遺産に登録される際にギリギリのところで登録されたのが「三保の松原」であり、世界文化遺産に登録された25ヵ所の中で富士山から最も遠い場所にあるのが「三保の松原」です。

藤沢からだと片道約100kmあるので1度は原付バイクで行こうかと考えましたが、今回は自動車隊としてドアラと共に旅行探検に行ってきました。
下調べの段階で三保の松原には無料の駐車場があることがわかり、今回の旅行探検で自動車で行くことに決めた1つのきっかけにもなりました。

藤沢を5時30分に出発し、箱根を抜け沼津では富士山もバッチリ見えていたのでそのまま進むことにしました。もし沼津辺りで富士山を見れなかった場合は富士山近くの世界文化遺産に行くことも検討していました。

8時30分に三保の松原の無料駐車場に到着。
三保の松原の無料駐車場

三保の松原の無料駐車場

観光客はほとんどいない中、神の道をちょっと歩いた後に海岸まで行ってみました。駐車場から海岸までは3~5分ほどで着きますが、砂浜が広いため松林を抜けたところから波打ち際まで200~300m程歩きます。肝心の富士山ですが、砂浜を歩いて波打ち際まで進んでも一向に見えてこないのです。
静岡県への日帰り旅行探検~三保の松原・日本平・薩た峠~

早朝は雲が多く富士山が見えない…

ここまで「3時間かけてきたのに~」とショックを隠せないまま海岸線を歩いていると、一人のおばさんが富士山の方をずっと見ているのに気が付きました。何をしているのかと私も富士山の方を見てみると雲の中から富士山が少しずつ見え始めてきました。
ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の1つである「三保の松原」

富士山が見えてきた!!

どうやら朝早すぎたので富士山が見えなかったようです。

富士山がはっきり見えるまで時間が掛かると思い、その間に「御穂神社(みほじんじゃ)」と神社境内へ続く参道「神の道」に行くことにしました。
ユネスコの世界文化遺産・富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の1つである御穂神社と参道「神の道」

御穂神社(みほじんじゃ)の鳥居

ユネスコの世界文化遺産・富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の1つである御穂神社と参道「神の道」

御穂神社(みほじんじゃ)

ユネスコの世界文化遺産・富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の1つである御穂神社と参道「神の道」

御穂神社境内

御穂神社で参拝した後におみくじを引きましたが「小吉」でした。その後、参道「神の道」を歩いて再び三保の松原に向かいました。
ユネスコの世界文化遺産・富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の1つである御穂神社と参道「神の道」

御穂神社の参道「神の道」

ユネスコの世界文化遺産・富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の1つである御穂神社と参道「神の道」

御穂神社の参道「神の道」

御穂の神社から参道「神の道」を歩き三保の松原に戻ってくると富士山がバッチリと見えていました!(ちょっと安心)
ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の1つである「三保の松原」

三保の松原から見た富士山でーす!

暖冬の影響で富士山に積もっている雪が極端に少なかったのが残念ですが、世界遺産の三保の松原から富士山を見る目的は達成することができたので本当によかったです。

ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の1つである「三保の松原」

三保の松原から富士山と反対側の風景

この後、三保半島の最北端にある真崎まで往復7km(4時間)の旅行探検をしに行ってきました。
※いつものことながら帰宅後にウィキペディアで三保の松原について調べた結果、以下にも掲載しましたが世界遺産に登録されたのは三保の松原のある羽衣公園付近から真崎までのようです。結果的に三保半島を歩いたのですべて世界遺産を周ったことができました。

「三保の松原」について

三保の松原(みほのまつばら)は、静岡県静岡市清水区の三保半島にある景勝地。その美しさから日本新三景(大沼、三保の松原、耶馬溪)、日本三大松原(三保の松原、虹の松原、気比の松原)のひとつとされ、国の名勝に指定されている。
また、ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産に登録されている。
※ウィキペディアより引用

世界文化遺産「三保の松原」について

三保松原は、世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成遺産のひとつに登録されている。ユネスコに提出した世界文化遺産推薦書によると、構成資産は羽衣公園付近から真崎までの清水海岸(砂浜及び松林)、御穂神社境内全域と「神の道」、清水灯台(三保灯台)などで構成され、資産面積:64.4ha、緩衝地帯面積:252.0haが指定されている。

「三保の松原」情報

旅行探検日 2016年1月16日(土)
駐車場 無料
トイレ あり

 - ドライブ, 散策 , , , ,

  関連記事

秋田県男鹿市・男鹿半島のゴジラ岩
秋田のゴジラ岩!秋田県男鹿市・男鹿半島にゴジラ出現!?

秋田県男鹿市の男鹿半島にゴジラ出現!?男鹿半島のおすすめスポットであるゴジラ岩を見てきました!ゴジラ岩は高さ15mぐらいで南側から見ると今にもゴジラの必殺技である「放射熱線」を発射しそうな迫力があり、また北側(反対)から見るとゴジラが堂々とそびえ立っている印象がありました。

自動車隊で行く神奈川県は横須賀&三浦半島への日帰り旅行探検!
自動車隊で行く神奈川県は横須賀&三浦半島への日帰り旅行探検!

旅行探検部の自動車隊として神奈川県は横須賀と三浦半島へ日帰りの旅行探検に行ってきました。三崎マグロで有名な「うらり」から始まり「毘沙門洞窟」、「大浦山海蝕洞窟」を探検し「海わ屋(かいわや)」で「海わ屋天ざる」を食し、最後は「横須賀美術館」で「ウルトラマン・創世紀展」を見てきました。

山形県・月山スキー場から見る朝日連峰
GWの山形県・月山はスキー場が開いたばかりの雪山だった!

5/2~5/4・ゴールデンウィーク東北への旅行探検の初日に山形県の出羽丘陵の南にある月山へ向いました。月山の標高は1984m。月山と姥ヶ岳の間にある月山スキー場は4月12日にオープンしたばかりで、6月上旬までスキーができる日本で夏スキーが楽しめる数少ないスキー場のひとつです。

戸田港・御浜海水浴場
沼津市にある戸田港・御浜海水浴場で誰もいない美しい海と砂浜を旅行探検してきました!

戸田港・御浜(みはま)海水浴場を旅行探検してきました。御浜海水浴場では美しい海と砂浜、そして独特な松林を満喫!誰もいないプライベートビーチで砂浜に打ち寄せる波の音を聞きながらのんびりと過ごしてきました。

伊豆半島の仁科峠から360度の大パノラマと富士山を眺望!
伊豆半島の仁科峠から360度の大パノラマと富士山を眺望!

静岡県・伊豆半島の仁科峠に行ってきました。仁科峠展望台では駿河湾や富士山、伊豆の山々など360度のパノラマを見ることができました。仁科峠は富士箱根伊豆国立公園に属し、伊豆市と西伊豆町の境にあります。空気が澄んだ時には富士山をはじめ、南アルプスまで見られる眺望が有名です。

蓮華の三色丼
三浦半島のうらり産直センターで生まぐろなどを購入してきました!

生まぐろとマグロのしっぽを購入しに三浦半島にある「三崎マグロ 産直品売り場 うらり」に行ってきました。現地ではうらりの近くにある「蓮華」という料理屋で三色丼(赤身・中トロ・ビンチョウマグロ)を食べてきました。風が強く寒い中行ってきましたが美味しいマグロ料理が食べられたので大満足です。

世界文化遺産の白糸の滝へ旅行探検しに行ってきました!
世界文化遺産の白糸の滝(静岡)へ旅行探検しに行ってきました!

世界文化遺産「富士山・信仰の対象と芸術の源泉」の構成の1つである白糸の滝へ旅行探検しに行ってきました。白糸の滝は静岡県富士宮市井出にあり、幅200m、高さ20mの滝で、芝川の流れと富士山の雪解け水が湧き出て滝となっています。とにかく白糸の滝はマイナスイオンと迫力がすごかったですよ。

皇居一周
散策活動・東京駅開業100周年にちなんで皇居一周してきました

2015年は東京駅開業100周年ということで記念スイカを購入した以外でも個人的に何か東京駅絡みでイベントをしたいと考えていました。そこで前々から考えていた皇居を一周をするイベントを決行することにしました。溜池山王を出発し日枝神社、国会議事堂、千鳥ヶ淵公園、武道館、皇居東御苑を巡り最後は新橋で打ち上げしました!

世界大会金賞の田沢湖ビール
秋田県で世界大会4年連続金賞の田沢湖ビールを飲んでみた!

東北への旅行探検にて秋田県仙北市の地ビールである田沢湖ビールのアルトを飲んでみました!田沢湖ビールは4種類あり世界大会の各部門で4年連続金賞を受賞している日本が誇る世界で認めた地ビールなんですよ。今回はその4種類の中で一番人気の田沢湖ビール・アルトを飲んでみました。

尾瀬の尾瀬ヶ原にハイキングをしに行ってきました!
尾瀬の尾瀬ヶ原にハイキングをしに行ってきました!

尾瀬国立公園の大湿地帯である尾瀬ヶ原に鳩待峠をスタート地点とし10時間をかけ約25kmを歩くハイキングに行ってきました。目的だった水芭蕉の群生は暖冬の影響で一部の群生しか見られませんでしたが大自然の中で楽しいハイキングをすることができました。