伊豆半島南伊豆中木の戸外浜を経てプライベートビーチに向かう!

2018年3月1日

伊豆半島南伊豆中木の戸外浜を経てプライベートビーチに向かう!

◆ 旅行探検日:2016年5月6日(金)曇り

伊豆半島最南端の奥石廊崎にあるユウスゲ公園から見た景色の中から中木にある人があまり足を踏み入れていなさそうな海岸があったのでそこに向かってみました。
実は2015年3月に旅行探検に行った「箱根・沼津経由で西伊豆は三四郎島へ南伊豆は奥石廊崎などへ自動車で旅行探検に行ってきました。」で目を付けていました。

中木

中木にある三坂(中木)港

中木にある三坂(中木)港の駐車場

伊豆半島南伊豆中木の戸外浜を経てプライベートビーチに向かう!

中木のマップ

伊豆半島南伊豆中木の戸外浜を経てプライベートビーチに向かう!

プライベートビーチに向かいまーす!

中木にある三坂(中木)港の駐車場に愛車を停め、たろきちとドアラは戸外浜海岸を目指します。
途中に太古の海底火山の噴出物である見ごたえのある柱状節理や海食洞などを見ることができます。

柱状節理

ドアラと中木の柱状節理

ドアラと中木の柱状節理

マグマが冷えた証拠のひとつである柱状節理。岩が柱のようになっている様は自然の力強さを感じられ超迫力があります!

中木の海食洞

防波堤から見た中木の海食洞

中木の海食洞

海食洞は城壁のように岩が重なり合っている

駐車場から戸外浜海岸までは徒歩5分程で到着します。

戸外浜

戸外浜

戸外浜に到着!

たろきちが行こうと思った海岸はこの戸外浜の南側の斜面の向こう側にあるので、山道らしき急斜面を進んでみました。

プライベートビーチに向かう

プライベートビーチに向かうため獣道を進む

獣道らしき急斜面を登る

急斜面を登っている時にこれは山道ではなく獣道ではないかと感じました。

プライベートビーチに向かう

急斜面を登ったがその向こうが断崖絶壁だった!

急斜面を進むこと15分、ようやく登り切ると斜面の反対側は断崖絶壁で目的地の海岸には降りることができませんでした。

プライベートビーチに向かう

断崖絶壁だぁ~(涙)

眼下のプライベートビーチを背景にドアラと記念撮影

眼下のプライベートビーチを背景にドアラと記念撮影

目的地の海岸には魅力的な洞窟と透明度が高い青い海があり、探検心に火が付くスポットでした。この海岸に行くには船やボートで行くか、泳いで行くしかないようです。
この後、戸外浜海岸に戻りビーチサンダルに履き替えて海に入ってみましたが、この時期は水が冷たすぎて、長く海に入っていられませんでした。

◆感想

伊豆半島の海はどこに行っても透明度が高く、海の色はマリンブルーでした。今回は目的地の海岸には残念ながら行くことができませんでしたが、崖の上から見た景色は素晴らしかったです。次回行くときは夏に行き中木の三坂港近くの旅館に宿泊し再チャレンジしたいと思います。

伊豆半島南伊豆中木情報

旅行探検日 2016年5月6日(金)
駐車場 無料(夏季は不明)
トイレ あり

戸外浜と海食洞と柱状節理

戸外浜と海食洞と柱状節理