吉田のうどんを道の駅富士吉田の軽食コーナーで食べてきました!

旅行探検部 ~おすすめスポットを観光旅行しながら探検も楽しんでます~

原付バイクや自動車で観光名所やおすすめスポット・穴場などを訪れ旅行しながら探検もしています!

*

吉田のうどんを道の駅富士吉田の軽食コーナーで食べてきました!

吉田のうどんを道の駅富士吉田の軽食コーナーで食べてきました!
吉田のうどんを道の駅「富士吉田」の軽食コーナーで食べてきました。
吉田のうどんは農林水産省が選ぶ農山漁村の郷土料理百選の一つで山梨県ではほうとうと吉田のうどんが選ばれているんですね。

道の駅「富士吉田」には何度か来たことがあるのですが吉田のうどんを食べたのは初めてでした。

今回はかけうどん+セットメニューの季節の混ぜご飯・小鉢セットを注文しました。

吉田のうどんは自家製麺でうどんはもちもちとしていてコシがあり腹持ちがよさそうでした。
天かすを加えると脂味が広がりうまさが倍増しますね。

混ぜご飯は薄いしょうゆ味で枝豆の風味がよく出てて美味しかったです。

吉田のうどんとは

山梨県富士吉田市及び周辺地域で食されている郷土料理です。
2007年には農林水産省が選定する「農山漁村の郷土料理百選」に選ばれました。

うどんは本来「晴れの日」の食物とされてきました。晴れの日とは、盆や正月、結婚式など様々なお祝いで普段の日とは違った晴れがましい日のことをいいます。この地域の人々にとってうどんは、このような日に必ず作られる食物でした。

また、うどんは細く長い形をした食べ物であることから、細く長く生きるようにとか、末永く幸せであるようにといった願いも込められて、お祝いの日に食べる慣わしとなったようです。こうした風習は江戸時代には普及し、この地域の各農村では晴れの日の食物として各家庭でそれぞれの味のうどんが作られ始めました。したがって、この地域の人々にとってうどんとは、お祝いのときに家人がふるまって食べられてきた縁起の良い食物であり、普段の日には食べるものではありませんでした。

吉田のうどんとは

吉田のうどんとは

吉田のうどん歴史背景

富士吉田が属する富士北麓地域は、富士山の北東面の標高800mの場所に位置する地域であり、機構は標高に起因して冷涼です。
また、周辺の土壌は富士山噴火の溶岩流や火山灰土といった環境であり、稲作に適していませんでした。そのため麦作が行われ、伝統的に小麦を中心とした粉食料理が日常食とされていました。

江戸時代には「富士講」と呼ばれる富士山信仰文化が広まり、富士北麓地域では吉田宿や川口宿など、富士山参詣者相手の御師町が成立。
その中で、参詣客を相手にうどんも売られ始めました。しかし、専門の店舗を構えたものではなく、一般の住居をお昼時だけ開放してうどんを提供したといわれています。
いまでもその名残として、住居の一部を利用した店舗が多く見られます。初めてこられた方にとっては、非常に分かりにくいのですが、「吉田のうどんののぼり」や「うどんマップ」といった、店舗を紹介している物もあるので活用していくと探しやすくなります。

また、江戸時代末期から昭和にかけて、富士吉田の代表的な産業として女性が携わる養蚕(かいこの養殖)や織物業が発展してきました。
耕作地に恵まれない土地柄ゆえに、男性は他の土地に行商に行き整形をたてていました。行商から帰り骨休めをする男性たちは、女性に代わって炊事を受け持ち、昼食としてうどんを打っていたとも言われています。太くて強い(こわい)コシのある麺が出来たのは男料理だからかもしれません。

吉田のうどん歴史背景

吉田のうどん歴史背景

吉田のうどんを道の駅富士吉田の軽食コーナーで食べてきました!

吉田のうどん・軽食コーナー

吉田のうどんを道の駅富士吉田の軽食コーナーで食べてきました!

軽食コーナーの店内

情報

旅行探検日 2019年7月27日(土)
店名 道の駅 富士吉田 軽食コーナー
メニュー(料金) うどん+セットメニューの季節の混ぜご飯・小鉢セット(400円+150円)
住所 山梨県富士吉田市新屋1936-6
電話 0555-21-1033
営業時間 10:00-17:00(10月-06月)
09:00-18:00(07月-09月)
定休日 年中無休
駐車場 あり

※詳しくは道の駅富士吉田軽食コーナーのホームページを見てくださ~い!

 - グルメ , , ,

  関連記事

鴨肉ほうとう
山梨県・山中湖への探検旅行で「庄ヤ」にて「鴨肉ほうとう」を食す!

原付バイクで山中湖へ旅行探検した際に、「鴨肉ほうとう」を食べてきました。山中湖周辺にはほうとうの店がいくつかありましたが、その中から国道138号線にある「庄ヤ」に入りました。座敷の真中には薪の暖炉があり温まりながらおいしく食してきました。

サントリー天然水南アルプス白州工場でウイスキーの白州と山崎を飲み比べてきました。
サントリー天然水南アルプス白州工場でウイスキーの白州と山崎を飲み比べてきました。

サントリー天然水南アルプス白州工場に行ってきました。サントリー天然水 南アルプス白州工場は山梨県北杜市にあり工場見学ができたりウイスキー博物館やレストラン、ショップ、バーがあります。今回はBAR白州にて白州や山崎、蒸留所限定ウイスキーをリーズナブルなお値段で飲み比べしてきました。

おたり新そば祭り・旬香旬菜☆雅☆で新そば(十割そば)を食べてきた!
おたり新そば祭り・旬香旬菜☆雅☆で新そば(十割そば)を食べてきた!

長野県小谷村で開催されていたおたり新そば祭りで旬香旬菜☆雅☆にて新そば(十割そば)を食べてきました。新そばの十割そばはそばピザと甘えびのそば粉揚げ、馬刺しがセットと
なっていました。旬香旬菜☆雅☆は栂池高原スキー場の近くにある栂池グランドロッヂ内にあります。

八ケ岳の仙人小屋で熊肉丼を食べてきました!おいしかったぞぉ~
仙人小屋で熊肉丼を食べてきました!おいしかったぞぉ~

八ケ岳で有名な仙人小屋にて「熊肉丼・きのこ汁付」を食べてきました。熊の肉は思ってたより柔らかく美味しくかったです。また、きのこ汁はなめこやシイタケなど多くの種類のきのこがたくさん入っていました。熊肉丼もきのこ汁も食べ応えがあり美味しかったですよ!

世界大会金賞の田沢湖ビール
秋田県で世界大会4年連続金賞の田沢湖ビールを飲んでみた!

東北への旅行探検にて秋田県仙北市の地ビールである田沢湖ビールのアルトを飲んでみました!田沢湖ビールは4種類あり世界大会の各部門で4年連続金賞を受賞している日本が誇る世界で認めた地ビールなんですよ。今回はその4種類の中で一番人気の田沢湖ビール・アルトを飲んでみました。

秋田郷土料理・きりたんぽ鍋
秋田郷土料理のきりたんぽ鍋を東北の旅行探検で食べてきたよ!

東北の旅行探検で秋田郷土料理のきりたんぽ鍋を食べてきました。田沢湖の湖畔にある田沢湖共栄パレスのレストランで秋田郷土料理のきりたんぽ鍋を食べてきました。きりたんぽ鍋は醤油ベースのスープに比内地鶏とネギ、ゴボウ、春菊などが入っており、別の皿で出されたきりたんぽを自分で鍋の中に投入しいただきました。

八ケ岳清里高原・清里駅近くの『田舎そば・米村』にて天ざるを頂く!
『田舎そば・米村』にて天ざるを頂く!in 八ケ岳清里高原・清里駅

山梨県の清里駅近くの『田舎そば・米村』に手打ちそばの天ざるを食べてきました!天ざるは米村のオススメメニューで、蕎麦もうまいですが自家菜園で収穫した野菜をふんだんに使った天ぷらの盛り合わせはボリュームと色鮮やかさと味にも脅かされました。今回は特大生ビールを飲みながら蕎麦と天ぷらをつまみにし美味しく頂いてきました!

東北旅行探検で山形県遊佐町でとびうおラーメンを食す!

山形県飽海郡遊佐町にある「産直施設 え~こや八福神」内にある「ラーメン とびうおや」にて人気No.1の「とびうおラーメン」を食べてきました!

沼津港のせきので生しらすと生桜えびの駿河丼を堪能
沼津港のせきので生しらすと生桜えびの駿河丼を堪能

桜えびを堪能する旅行探検において、朝食は沼津港にあるせきのにて駿河丼をいただきました。駿河丼とはこの時期旬である沼津産の生しらすと由比産の桜えびが盛られた丼ぶりです。

尾瀬市場にて尾瀬バーガーを食べてきた!
尾瀬市場にて尾瀬バーガーを食べてきた!

尾瀬への旅行探検の帰りに尾瀬市場に立ち寄り尾瀬バーガーを食べてきました。尾瀬バーガーにはジューシージャンボメンチバーガーと噂のジャンボ唐揚バーガーの2種類があります。ジューシージャンボメンチバーガーは口にほおばるとトマトのフレッシュさとメンチのジューシーさがマッチしてとてもおいしかったですよ~!