吉田のうどんを道の駅富士吉田の軽食コーナーで食べてきました!

旅行探検部 ~おすすめスポットを観光旅行しながら探検も楽しんでます~

原付バイクや自動車で観光名所やおすすめスポット・穴場などを訪れ旅行しながら探検もしています!

*

吉田のうどんを道の駅富士吉田の軽食コーナーで食べてきました!

吉田のうどんを道の駅富士吉田の軽食コーナーで食べてきました!
吉田のうどんを道の駅「富士吉田」の軽食コーナーで食べてきました。
吉田のうどんは農林水産省が選ぶ農山漁村の郷土料理百選の一つで山梨県ではほうとうと吉田のうどんが選ばれているんですね。

道の駅「富士吉田」には何度か来たことがあるのですが吉田のうどんを食べたのは初めてでした。

今回はかけうどん+セットメニューの季節の混ぜご飯・小鉢セットを注文しました。

吉田のうどんは自家製麺でうどんはもちもちとしていてコシがあり腹持ちがよさそうでした。
天かすを加えると脂味が広がりうまさが倍増しますね。

混ぜご飯は薄いしょうゆ味で枝豆の風味がよく出てて美味しかったです。

吉田のうどんとは

山梨県富士吉田市及び周辺地域で食されている郷土料理です。
2007年には農林水産省が選定する「農山漁村の郷土料理百選」に選ばれました。

うどんは本来「晴れの日」の食物とされてきました。晴れの日とは、盆や正月、結婚式など様々なお祝いで普段の日とは違った晴れがましい日のことをいいます。この地域の人々にとってうどんは、このような日に必ず作られる食物でした。

また、うどんは細く長い形をした食べ物であることから、細く長く生きるようにとか、末永く幸せであるようにといった願いも込められて、お祝いの日に食べる慣わしとなったようです。こうした風習は江戸時代には普及し、この地域の各農村では晴れの日の食物として各家庭でそれぞれの味のうどんが作られ始めました。したがって、この地域の人々にとってうどんとは、お祝いのときに家人がふるまって食べられてきた縁起の良い食物であり、普段の日には食べるものではありませんでした。

吉田のうどんとは

吉田のうどんとは

吉田のうどん歴史背景

富士吉田が属する富士北麓地域は、富士山の北東面の標高800mの場所に位置する地域であり、機構は標高に起因して冷涼です。
また、周辺の土壌は富士山噴火の溶岩流や火山灰土といった環境であり、稲作に適していませんでした。そのため麦作が行われ、伝統的に小麦を中心とした粉食料理が日常食とされていました。

江戸時代には「富士講」と呼ばれる富士山信仰文化が広まり、富士北麓地域では吉田宿や川口宿など、富士山参詣者相手の御師町が成立。
その中で、参詣客を相手にうどんも売られ始めました。しかし、専門の店舗を構えたものではなく、一般の住居をお昼時だけ開放してうどんを提供したといわれています。
いまでもその名残として、住居の一部を利用した店舗が多く見られます。初めてこられた方にとっては、非常に分かりにくいのですが、「吉田のうどんののぼり」や「うどんマップ」といった、店舗を紹介している物もあるので活用していくと探しやすくなります。

また、江戸時代末期から昭和にかけて、富士吉田の代表的な産業として女性が携わる養蚕(かいこの養殖)や織物業が発展してきました。
耕作地に恵まれない土地柄ゆえに、男性は他の土地に行商に行き整形をたてていました。行商から帰り骨休めをする男性たちは、女性に代わって炊事を受け持ち、昼食としてうどんを打っていたとも言われています。太くて強い(こわい)コシのある麺が出来たのは男料理だからかもしれません。

吉田のうどん歴史背景

吉田のうどん歴史背景

吉田のうどんを道の駅富士吉田の軽食コーナーで食べてきました!

吉田のうどん・軽食コーナー

吉田のうどんを道の駅富士吉田の軽食コーナーで食べてきました!

軽食コーナーの店内

情報

旅行探検日 2019年7月27日(土)
店名 道の駅 富士吉田 軽食コーナー
メニュー(料金) うどん+セットメニューの季節の混ぜご飯・小鉢セット(400円+150円)
住所 山梨県富士吉田市新屋1936-6
電話 0555-21-1033
営業時間 10:00-17:00(10月-06月)
09:00-18:00(07月-09月)
定休日 年中無休
駐車場 あり

※詳しくは道の駅富士吉田軽食コーナーのホームページを見てくださ~い!

 - グルメ , , ,

  関連記事

鴨肉ほうとう
山梨県・山中湖への探検旅行で「庄ヤ」にて「鴨肉ほうとう」を食す!

原付バイクで山中湖へ旅行探検した際に、「鴨肉ほうとう」を食べてきました。山中湖周辺にはほうとうの店がいくつかありましたが、その中から国道138号線にある「庄ヤ」に入りました。座敷の真中には薪の暖炉があり温まりながらおいしく食してきました。

三保の松原の羽衣で桜海老のかき揚げ付きの茶そば定食を食べました!
茶そばも旨いが桜えびのかき揚げも旨い「茶そば定食」を羽衣で食す!

静岡県の世界遺産・三保の松原や日本平、薩た峠への旅行探検に行った時にお昼を三保の松原の無料駐車場の隣にある「お食事処 羽衣」で桜えびのかき揚げが付いた「茶そば定食」を食べました。茶そばも旨いんですが、桜えびのかき揚げがそれ以上に旨く、コロモがサクサクで桜えびの甘みと香りが味わえる逸品でございました!

海わ屋で人気No.2のメニュー「海わ屋天ざる」
三浦半島の海わ屋で人気No.2の「海わ屋天ざる」を食べてきた!

今回の「自動車隊で行く神奈川県は横須賀&三浦半島への日帰り旅行探検!」でお昼を食べたのが三浦海岸駅近くにある海水浴場が目の前に広がる「海わ屋の海わ屋天ざる」です。この「海わ屋天ざる」は人気ナンバー1は刺身定食の次に人気のあるナンバー2のメニューであります。

沼津港のせきので生しらすと生桜えびの駿河丼を堪能
沼津港のせきので生しらすと生桜えびの駿河丼を堪能

桜えびを堪能する旅行探検において、朝食は沼津港にあるせきのにて駿河丼をいただきました。駿河丼とはこの時期旬である沼津産の生しらすと由比産の桜えびが盛られた丼ぶりです。

沼津魚市場「さかなや 千本一」でぬまづ丼(三色丼)を食べてきた!

静岡県の世界遺産・三保の松原や日本平、薩た峠への旅行探検の帰りに沼津魚市場に寄って「さかなや 千本一」で「ぬまづ丼(三色丼)」を食べてきました。ぬまづ丼・三色丼は「ぬまづ名産あじ干物」の炊き込みご飯に上に桜海老と生しらす、アジのタタキがのった漁師風のどんぶりとなっています。3種類の味が楽しめる逸品でございます。

高知市仁井田にあるかつおのたたきの専門店・レストランかつお船でかつお料理の「りぐりたたき定食」を食べてきました。
高知市仁井田にあるかつおのたたきの専門店・レストランかつお船でかつお料理の「りぐりたたき定食」を食べてきました。

高知市仁井田にあるかつおのたたきの専門店・レストランかつお船でかつお料理の「りぐりたたき定食」を食べてきました。りぐりたたき定食はかつおの刺身と鰹たたきお茶漬けを楽しめる定食で食後にはコーヒーも付いていました。とにかくかつおの切り身がでかくてうまかった!

井筒屋・桜えびのかき揚げ付きざるセット
静岡県の由比に桜えびを食べに行ってきました!

静岡県の由比や清水へ桜えび&海の幸を堪能しに旅行探検しに行ってきました。三保の松原への旅行探検の時に食べた桜えびのかき揚げのおいしさが忘れられず、桜えびの漁が解禁となった春に静岡県の由比まで桜えびを求めて行ってきました。その他にも日本三大名水の柿田川や福助、ととすけ、Jリーグ観戦にも行き充実した旅でしたよ!

八ケ岳清里高原・清里駅近くの『田舎そば・米村』にて天ざるを頂く!
『田舎そば・米村』にて天ざるを頂く!in 八ケ岳清里高原・清里駅

山梨県の清里駅近くの『田舎そば・米村』に手打ちそばの天ざるを食べてきました!天ざるは米村のオススメメニューで、蕎麦もうまいですが自家菜園で収穫した野菜をふんだんに使った天ぷらの盛り合わせはボリュームと色鮮やかさと味にも脅かされました。今回は特大生ビールを飲みながら蕎麦と天ぷらをつまみにし美味しく頂いてきました!

【下部温泉】そば処 かど久に行ってもりそばを食べてきました!
【下部温泉】そば処 かど久に行ってもりそばを食べてきました!

山梨県南巨摩郡身延町の下部温泉にある「そば処 かど久」に行ってもりそばを食べてきました。かど久は下部温泉駅から1㎞ほど離れており、下部川沿いにあり古風な蕎麦屋でした。今回は蕎麦を食べるのが目的でしたのでもりそばを頂きましたが、ほうとうも人気のようですね。

長野県・佐久の三河屋食堂にて鯉料理の甘煮、鯉こく、あらいを堪能!
長野県・佐久の三河屋食堂にて鯉料理の甘煮、鯉こく、あらいを堪能!

「佐久の味処」のパンフレットを 見ていたら 鯉料理を振る舞うお店が多くあることを知り佐久市の三河屋食堂に鯉料理を食べに行ってきました。鯉料理を食べるのは久しぶりで、今回は鯉こく 定食と 単品で甘煮とあらい(刺身) を食べてきました!定食にはハヤのから揚げも付いてとても満足できたお昼ご飯となりました!