養老渓谷・養老の滝(粟又の滝)がある滝めぐりコースを旅行探検してきたよ!

旅行探検部 ~おすすめスポットを観光旅行しながら探検も楽しんでます~

原付バイクや自動車で観光名所やおすすめスポット・穴場などを訪れ旅行しながら探検もしています!

*

養老渓谷・養老の滝(粟又の滝)がある滝めぐりコースを旅行探検してきたよ!

養老渓谷・養老の滝(粟又の滝)がある滝めぐりコースを旅行探検してきたよ!
千葉県房総半島の養老渓谷・養老の滝(粟又の滝)がある滝めぐりコースを旅行探検してきました。

養老渓谷は千葉県道178号線沿いにありいちぼう茶家がある駐車場に車を停めて養老の滝(粟又の滝)に向かいました。
この駐車場からも養老の滝が見下ろせる展望台がありました。

養老の滝展望台駐車場

養老の滝展望台

養老の滝展望台

養老の滝展望台駐車場

養老の滝展望台駐車場

養老の滝展望台

養老の滝展望台から見た養老の滝

養老の滝(粟又の滝)

養老の滝(粟又の滝)

滝めぐりコース

滝があるようなのでちょっと見てくるかなと軽い気持ちで見に行ってみると結構迫力がある養老の滝(粟又の滝)が現れました。
養老川沿いに自然遊歩道が整備されているのでこれもまた軽い気持ちで歩いてみるかと歩きはじめました。
途中に滝があったり避難口が4カ所あったりと遊歩道を最後まで歩いてしまいました。同じコースを戻ろうかと思いましたが第4避難口から階段を登り県道178号線を歩き駐車場に戻りました。結局1時間以上歩きました。

養老渓谷・滝めぐりコース

滝めぐりコース

粟又の滝自然遊歩道入口に各滝までの距離が記載されていましたね。写真には収めたもののちゃんとチェックをせずに進んでしまいました。(汗)
・養老の滝(粟又の滝)
・千代の滝
・万代の滝
・子宝のもみじ
・昇龍の滝

養老の滝

滝めぐりコースの入り口から階段を下り少し歩くと養老の滝(粟又の滝)が現れました。近くまで行くと迫力がありました。
日陰も多くあったので養老の滝(粟又の滝)を見ながらマイナスイオンを浴びお昼ご飯を食べるのもありですね。

養老の滝(粟又の滝)

テンション上がった~!

養老の滝(粟又の滝)とドアラ

養老の滝(粟又の滝)とドアラ

養老の滝の滝壺は少し深くなっているようですが、滝壺以外は浅くなっており親子連れが川魚やカニを捕まえたりして水遊びを楽しんでました。

また養老の滝は滝の上まで行ける階段がありました。

養老渓谷・滝めぐりコース

滝めぐりコースの遊歩道を進む

千代の滝

見逃したようです(汗)

万代の滝

養老の滝(粟又の滝)から歩くこと約12分で万代の滝(ばんだいのたき)に到着。水量は多くなかったですが緑の木々とマッチしており心が癒されました。
万代の滝も水遊びしたいスポットですね。
養老渓谷・万代の滝

万代の滝はここを左に曲がったところにあります

養老渓谷・万代の滝

万代の滝

養老渓谷・万代の滝

万代の滝とドアラ(どこにいるかわかるかな?)

子宝のもみじ

樹齢百数十年の子宝のもみじも見逃したようです(汗)
これじゃないかなぁ~

養老渓谷・子宝のもみじへ向かう

子宝のもみじへ向かう

養老川の子もみじ

養老川の子もみじ

子宝のもみじから生まれた養老川で育つ子もみじかなぁ~
立派に育つとこっちのもみじも有名になりそうですね。

子宝のもみじはこの辺だと思う

子宝のもみじはこの辺だと思う

昇龍の滝

養老川の遊歩道の反対側にありました。が、写真を撮らなかったです…

○○の滝

小さな滝があったのですが看板に何て書いてあるのか読めませんでした..
養老渓谷・滝めぐりコースにあった滝

小さな滝とドアラ

養老渓谷・滝めぐりコースにあった滝

小さな滝

避難口4番

養老の滝(粟又の滝)から滝めぐりコースを歩くこと約1時間で到着しました。遊歩道の整備されているのはここまでですが養老川の水量が少なければまだまだ進めそうでした。

養老渓谷・滝めぐりコースの避難口4番に到着

避難口4番に到着

養老渓谷・滝めぐりコースの遊歩道はここまで

滝めぐりコースの遊歩道はここまで

避難口4番近くにはオタマジャクシがたくさんいました!

オタマジャクシがたくさんいました!

養老渓谷・滝めぐりコースの避難口4番

滝めぐりコースの避難口4番

養老渓谷・滝めぐりコースの避難口4番から階段を登る

避難口4番から階段を登る

感想

帰宅後に養老渓谷について調べてみたところ、養老の滝(粟又の滝)は千葉県最大の滝であったことを知りました。
また、県立養老渓谷奥清澄自然公園の一部で温泉地としても有名だったんですね。

滝めぐりコースには4つの滝があったようですが1つ見逃したようです。
紅葉の時期によさそうなのでまた旅行探検しに訪れようと思います。

養老渓谷・滝めぐりコース

旅行探検日 2018年4月22日(日)
コース 養老の滝展望台駐車場 ⇒ 滝めぐりコース入口 ⇒ 養老の滝 ⇒ 千代の滝 ⇒ 万代の滝 ⇒ 子宝のもみじ ⇒ 昇龍の滝 ⇒ 避難口4番 ⇒ 県道178号線 ⇒ 養老の滝展望台駐車場
歩行時間 約1時間20分
各所有時間 11:55 養老の滝展望台駐車場 出発

11:58 滝めぐりコース入口

12:02 養老の滝(粟又の滝)

12:14 万代の滝

12:42 避難口4番

13:14 養老の滝展望台駐車場 到着

 - 散策 , , , ,

  関連記事

長野県南佐久郡佐久本町の古谷渓谷にある乙女の滝に行ってきたよ!
長野県南佐久郡佐久本町・古谷渓谷「乙女の滝」に行ってきたよ!

乙女の滝は長野県南佐久郡佐久本町の古谷渓谷にあります。乙女の滝に近い無料の石堂駐車場に車を停めて遊歩道または国道299号線を歩いて約10分で到着します。乙女の滝は清流「抜井川(ぬくいがわ)」を巨大な岩が左右に分断し落差十数メートル落下する滝となっています。

伊豆半島南伊豆中木の戸外浜を経てプライベートビーチに向かう!
伊豆半島南伊豆中木の戸外浜を経てプライベートビーチに向かう!

伊豆半島最南端の奥石廊崎にあるユウスゲ公園から見た景色の中から中木にある人があまり足を踏み入れていなさそうな海岸があったのでそこに旅行探検をしに行ってみました。たろきちとドアラが行こうと思った海岸は中木の戸外浜海岸の南側の斜面の向こう側にあり、山道らしき急斜面を進んで向かってみました。

日本百景の尾瀬国立公園でプライベート尾瀬に大興奮!
日本百景の尾瀬国立公園でプライベート尾瀬に大興奮!

群馬県、新潟県、福島県にまたがる本州最大の湿原で特別天然記念物に指定されている尾瀬に旅行探検しに行ってきました。今回は水芭蕉の群生を見るのが目的でしたが暖冬の影響で水芭蕉は終わりかけていましたが、夕方になると日帰りの観光客が帰ってしまうのでほとんど人がいない尾瀬ヶ原を満喫することができました。

よこすか開国祭 開国花火大会
横須賀の花火大会「よこすか開国祭 開国花火大会」に行ってきた!

8月1日(土)に神奈川県横須賀市で開催された花火大会「よこすか開国祭 開国花火大会」に行ってきました。飲み仲間とは10年ぐらい前から毎年この花火大会には来ており、ここ数年は猿島もばっちり見える横須賀の「うみかぜ公園」でビールを飲みながら夜空に美しく舞い上がる花火を見ています。打ち上げ数は約6000発です!

ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の1つである「三保の松原」
世界文化遺産「三保の松原」から富士山を見てきました。

ユネスコの世界文化遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」に登録された25か所のうち富士山から一番遠い所にある静岡県清水市の三保半島にある「三保の松原」に旅行探検に行ってきました!世界文化遺産に登録されたのは三保の松原だけではなく御穂の神社や参道の神の道、羽衣公園付近から真崎までの清水海岸が対象となっています。

静岡県熱海市「初島」の磯料理・鈴木丸で海鮮丼を堪能
静岡県熱海市「初島」の磯料理・鈴木丸で海鮮丼を堪能

静岡県熱海市にある離島「初島」に旅行探検しに行った時にお昼を食べたのが食堂街にある「磯料理・鈴木丸」のオススメ人気No.1の「海鮮丼」です。海鮮丼にはカンパチ・マグロ・イカ・甘えびがのっておりカンパチとマグロには脂がのっており超旨かったのですが、それ以上にイカがこんなに甘かったということにビックリしました。

日本三大清流・静岡県の柿田川へ湧水を見に行ってきたよ!
日本三大清流・静岡県の柿田川へ湧水を見に行ってきたよ!

静岡県・清水町を流れる柿田川へ旅行探検しに行ってきました。柿田川は日本三大清流のひとつで、柿田川公園にある展望台からは柿田川の源流から湧き出る湧水や井戸跡から湧き出る湧水が見られます。第2展望台から見ることができる井戸跡から湧き出る水の透明度とエメラルドブルーに心が癒されました!

静岡県熱海港からフェリーの乗って離島『初島』に初上陸!
静岡県熱海港からフェリーに乗って離島『初島』に初上陸!

散策隊として電車とフェリーを使い初めて静岡県熱海市の離島、初島に旅行探険に行ってきました。熱海港から初島までフェリーで約30分。初島では島を一周し、初島灯台に登ったり、美しい海を眺めたり、うまい魚料理を食べたりと旅行探検を満喫することできました。残念ながら天気には恵まれませんでいたが充実した一日になりました。

名水百選の一つ尾白川渓谷に旅行探検しに行ってきた!
名水百選の尾白川渓谷に旅行探検しに行ってきた!

名水百選の一つ尾白川渓谷に旅行探検しに行ってきました!尾白川渓谷は山梨県北杜市にある渓谷で尾白川の水の透明さに魅かれて行ってきました。当日は雨が降っていましたが、三ノ滝や旭滝、不動滝では流れ落ちる水の量に迫力があり、また水の透明度には超感動しました。

川遊びができる尾白川渓谷の千ヶ淵に行ってきました。
川遊びができる尾白川渓谷の千ヶ淵に行ってきました。

山梨県北杜市にある日本名水百選に選定されている尾白川。今回は7月の真夏の太陽の日差しが強い中、透明度が超高い尾白川渓谷の千ヶ淵に行ってきました。尾白川渓谷の千ヶ淵の滝壺は美しいエメラルドグリーンで風情を感じられます。小さなお子さんがいる家族連れは川遊びを楽しんでいました。