尾瀬の龍宮小屋に宿泊してきました!

2018年2月27日

尾瀬の龍宮小屋に宿泊してきました!

◆ 旅行探検日:2016年5月28日(土)~29日(日)

尾瀬の旅行探検で宿泊したのが尾瀬ヶ原の中央部にある龍宮小屋です。
尾瀬はいくつかの宿泊できる小屋がありますが、尾瀬で水芭蕉を見ることが一番の目的だったので尾瀬ヶ原の中央にある龍宮小屋に宿泊することに決めました。
宿泊の予約は電話(龍宮小屋は衛星電話のようですね..)行い、水芭蕉の見頃であろう6月上旬の土日は満室だったので5月28日に予約をしました。
予約をする際に竜宮小屋では相部屋になり風呂は洗剤が使えないなどの説明を受けていました。
また龍宮小屋を利用する人はカメラマンが多いという話をしていました。

尾瀬・龍宮小屋のスケジュール

尾瀬・龍宮小屋のスケジュール

我々が龍宮小屋に到着したのが11時頃と少し早かったのですが荷物を部屋に置かせてもらい、食堂で休憩させていただきました。

尾瀬・龍宮小屋の宿泊した部屋から見た尾瀬ヶ原

宿泊した部屋から見た尾瀬ヶ原

尾瀬・龍宮小屋の宿泊した部屋から見た風景

尾瀬・龍宮小屋の宿泊した部屋から見た風景

尾瀬・龍宮小屋

龍宮小屋の食堂で休憩

その後、軽装で尾瀬を旅行探検しに行ってきました。

夕食は17時30分からでしたがテーブルが小さいのでちょっと窮屈でした。しかし、同席となった静岡県から来たご夫婦とお話することができ、尾瀬沼の方面の情報を教えてもらったりしました。

お風呂も小さめで浴槽に2人しか入れない大きさでした。
たろきちとてっちゃんは時間をずらし入ったので独占できましたが、夕食で同席となった旦那さんはお風呂場の入口で待ったそうです。

お昼過ぎからは宿泊する観光客しかいなくなるようで、夕方以降は龍宮小屋の近くのベンチで静かな尾瀬を満喫できます。
尾瀬・龍宮小屋近くの風景(夕方)

尾瀬・龍宮小屋近くの風景(夕方)

夜は外に出て木道に寝転がり夜空の星々や上空を飛ぶ飛行機が見られました。

早朝は尾瀬ヶ原一体が霧に包まれ幻想的な風景が見ることができました。

尾瀬・龍宮小屋の朝食

尾瀬・龍宮小屋の朝食

朝食ですがは少し時間をずらしたことで自分たちのペースでいただけました。夕食もそうですが、朝食も美味しかったです(*^_^*)

感想

初めての尾瀬だったので水芭蕉との尾瀬を満喫したいということでたろきちが龍宮小屋に決めてしまいましたが、個人的には大満足できた宿泊小屋でした。
次回、尾瀬に旅行探検しに来るときは日本百名山の至仏山か燧ヶ岳への登山になりそうなので別の宿泊小屋に泊まる事になるとは思いますが、
水芭蕉の満開時期に来る際は龍宮小屋に宿泊しようと思っています。

龍宮小屋の情報

旅行探検日 2016年5月28日~29日
宿泊先 龍宮小屋
住所 〒378-0411 群馬県利根郡片品村
電話番号 0278-58-7301
ホームページ 龍宮小屋のホームページ
宿泊費・食事代 一泊二食付:9000円
翌日のお弁当 おにぎり:800円

※注意:営業期間があるのでHPにて確認して下さ~い!